活動紹介
京都景観エリアマネジメント講座 Course

素晴らしい景観とそれを守ってきたまち、京都。

さまざまな視点を通して景観と人・文化の関わりを学ぶ講座です

京都景観エリアマネジメント講座とは

「景観まちづくり」を進める際には、その地域の歴史や文化、経済の状況、人々の暮らし方などのさまざまな情報を読み取ることが必要です。

本講座では、景観を構成する要素を多様な観点から学び、実習を通して考えることで、景観とまちづくりへの関わり方を身につけます。

 
 
会場

京都市景観・まちづくりセンター ひとまち交流館 B1階 ワークショップルーム
(京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1)

受講料(※基礎講座)


●通年受講<全8回>: 一般 50,000 45,000円/NPO会員 45,000 40,000円(年会費3,000円で新規会員登録可)
●単回受講<講義科目のみ設定あり>:1講義あたり 4,000円(第1回の講義のみ5,000円)

  学生(大学院、大学、専門学校など)は通年受講・単回受講ともに半額で受講可能!   

※出席できなかった講座は次年度に限り、無料で受講できます。
※この講座は、建築士会のCPDプログラムとして認定されています。

これまでの受講者(2010年度~2019年度)

・基礎講座受講者数:255名(通年)
・実践講座受講者数:106名(通年) 
・京都景観エリアマネージャー登録者数:73名

主催

NPO法人 京都景観フォーラム/(公財)京都市景観・まちづくりセンター

後援

京都府、京都市

基礎講座

景観とは何かという基礎理論から京都のまちの特性と歴史を学ぶとともに、建築や土木・ランドスケープ、政策や法律、まちづくりの理論や考え方などに視野を広げつつ日本人の美意識や作法も取り入れています。全8回の講座を通じて、「景観まちづくり」についての基本的な視点が身に付きます。

すべて具体例で読み解く講義。スライドを使って視覚的に学べます。
「仲間と学ぶ」楽しさ。ワークショップや懇親会で新しい人脈を築けます。

受講生の声

2017年度 基礎講座受講生(第8期) H.M.さん

私は京都の松原通、六原学区で育った。実家は明治29年建築の京町家。現在は兵庫県住まいだが、いつかこの家を相続することになる。その時には看板建築を取り去って、建築当初のファサードを復元し、周囲のまちなみの模範となるように改修したいと常々思っていた。

景観に重要な要素の「まちなみ」。自分は建築関係の仕事ではないが、そこに興味があったのだと思う。この講座に出会ったきっかけは、町家の改修・相続の相談に行ったまちづくりセンターで案内を見つけたことだ。「視点場の重要性」を説かれていた堀先生の講義、西宮のまちあるきでレクチャーしてもらったこともある江川先生の講義など、さまざまな先生方からの講義を受けられたのが興味深かった。

現在は、景観を守ろうという意思のある人たちが多く、都市景観大賞を受賞した町でもある西宮の甲陽園目神山地区に石井修氏設計の空き家を見つけ、修復・改修して住んでいる。地区のまちづくり協議会の役員をつとめるうえでも、本講座で得た知見が役立っていると思う。

実践講座


実践講座は「グループワーク」と「個人レポートの作成」から構成されています。
グループワークでは、対象とする地域について「景観上の課題と解決するプロセスの提案」を行います。また、実際の地域のまちづくりリーダーや京都景観エリアマネージャーとの交流を通じて現場を体感します。
個人レポートは、対象地域を選び「景観まちづくりの進め方の提案と、自身の専門領域を生かした役割の担いかた」について取り上げます。
グループワークや個人レポートの作成には、京都景観エリアマネージャーのメンバーが手厚くサポートに入ります。

基礎講座、実践講座を修了された方は京都景観エリアマネージャーに認定され、研究会や地域サポート活動等に参加することができます。

受講生の声

2017年度 実践講座受講生(第7期) K.O.さん

「景観の専門家などいない!?」 これが私の最大の発見である。

1年目、私はてっとり早く「景観」をマスターできるノウハウの習得を目的として基礎講座を受講した。しかし講義を聞くにつれ、そんな都合のよいノウハウなどない、皆が各々の主張や価値観をもって自分の専門分野から景観にアプローチすることで、独自の景観ノウハウを構築しているのだ、とわかった。

「ならば自分は、どのように景観と関わることができるか?」

2年目の実践講座はまさに、これを見つけ出す実践の場であった。面識のない畑違いのメンバーでチームを組み、地域への提言を作り上げる。皆、忙しいなか割ける時間は限られている。〆切が迫るにつれ必死になり、自分の専門からモノを言うことになる。ここでおぼろげながら、景観との接点が見えた気がした。

「対人関係が不得意?」「時間が取れない?」心配は無用だ。「ともに語れる仲間を増やす。」これが講座の真の目的とのこと。どうりで、気軽に楽しく受講できるわけだ。